スマートFPの仕手株に対する影響及び食料品株と比較

スマートFPは今話題のスマホアプリであり、簡単に住宅ローン金利や生活費の計算などができるものです。一流のフィナンシャルプランナーが傍にいてアドバイスしてくれるような的確さで家計の計算ができると評判です。
その為、このアプリを開発した会社の株価は急騰し、市場でも話題の銘柄となることは必至で、その為仕手株にも狙われやすい為注意が必要です。
仕手株は大量に株を売買することで作為的に株価を変動させその利益を得る手法ですが、市場で認知されていない銘柄や急成長した銘柄などが狙われる傾向にあるため、スマートFPの開発会社もアプリの売れ行きにより急激に株価が高騰することも予想され、仕手株に狙われやすい傾向にあります。
この様な傾向は食料品株に於いても現れることが有ります。食料品の世界はヒット商品が頻繁に現れる反面、その寿命も短い物が多い為急激に株価が変動する傾向が有ります。その為、特に規模の小さい食料品製造会社は一つのヒット商品で株価が大きく変動してしまうため仕手株に狙われやすい傾向にあります。その為現状の会社はある程度の安定した成果が出るまで上場を控えたり、株価を安定させるために意図的に株を放出したりといった事を行い、株価の安定を図っているのです。
スマートFPの開発会社に於いても株価の変動には注意が必要で、特に一度株価が上昇した後急激に下落したりすることが有るので注意が必要です。食料品のように次々と新商品が発売される場合には株価の上昇は様子見になるためある程度の根拠が見えるまで市場は買い控える傾向が有りますが、スマートFPの様な有益な商品を製作する会社は世論として応援したいという人も多く、曽その為急峻に株価が変動することが多いものです。そしてこの状況が、仕手株で有ることを分からせないようにするという巧妙な手段を使う場合も有るので注意が必要です。